Menu

独立で起こるメリットとデメリット

幅広いIT知識や技術をもっており、多くのクライアントと繋がりがあるという場合は、転職ではなく独立してIT職に関連した会社を設立するといった方法があると言える。この場合、1人での会社経営は難しいので複数の社員を雇ったり、SE仲間と一緒に起業するといった方法となる。
会社を設立した場合のメリットとしては、周囲の同意を得る事なく、自分がやりたいと考えているサービスや新技術を提供できる所だ。IT職は、クライアントが要求しているものを開発して、成果物を提供するのが主な仕事である。もし独立して起業すれば、独創的な発想力を発揮できる仕事ができるようになる。そのため、自らが思いついたアイデアを自分で形にすることができる。
またIT職の会社を起業し、作った技術やサービスが成功すれば、企業が大きく成長できる事も期待できる利益を得る事も可能だ。そのため、成功を収めたいという思いが強い方には、起業して会社を設立という方法が向いているのかもしれない。
一方、IT職から独立し起業した場合のデメリットは、高い初期費用が必要になってくる事だ。物件を見つけてオフィスを開き、パソコンなどの機材を購入したり社員を雇ったりするなど会社を設立するには、それなりの資金や投資が必要になってくる。起業して会社を立ち上げたい場合は、銀行など金融機関からの融資をしてもらう事を考えて、十分な資金を調達できるようにしなければならないと言える。