Menu

IT職として独立するために役立つスキル

コンピューターやデータ通信に関する技術を総称してIT(情報技術)という。業務としてITを扱うIT職には、その関わり方によって、エンジニア系、コンサル系、マネジメント系の3つに大別される。求人の多くは、SE(システムエンジニア)やプログラマーといったエンジニア系を占めている。
エンジニア系の業務は広く、顧客の業務分析から、システム設計、プログラミング、テスト、保守・運用まで、システムに関して技術的に関与するすべての業務がエンジニア系の職域となる。
IT職のキャリアパスとしては、エンジニア系職種から、コンサル系職種やマネジメント系職種などに転換することが考えられる。
コンサル系職種は、顧客へのヒアリングを通じて、顧客が抱える問題を汲み取り、その問題を解決するためのシステム導入を提案する職種である。一方、マネジメント系職種はシステム開発等のプロジェクトを円滑に進めるため、プロジェクトチームの意思決定をする職種である。
いずれも、IT企業においては、多くの場合、SEとして経験を積んだ者が就任するポストであり、これらは、企業内で業務を行う他、独立開業することも可能な職種である。
IT職として独立をするためには企業内で活動する場合と比べ、より高度な知識が必要とされる。具体的には、IT企業のSEと対話をするためのプログラミング等ITに関する知識の他、コミュニケーション能力や顧客の業界に関する知識が必要となってくる。
独立のために役立つと思われる資格としては、IPAの実施する各種高度技術者試験の他、中小企業診断士などが挙げられる。