Menu

退職理由として上詰まりが発生

IT企業によってはすでにたくさんの人材が役職に就いており、昇進が難しいケースが存在している。役職の上詰まりが発生している場合、どんなに優秀な人材でも役職として仕事をするのが難しいのだ。その結果、モチベーション低下を引き起こしてしまい、退職に繋がってしまうことも少なくない。IT企業としても優秀なIT職の人材を失ってしまうので、デメリットしかないのだ。
このような状況をできる限り回避するため、中小のIT企業を選択するという方法がある。大手IT企業よりも安定感は無いかもしれないが役職の上詰まりが少ないので、若い年齢でも重要なポジションで働ける可能性が出てくる。
その他にも中小のIT企業と一緒に成長できれば、モチベーションを高く保てるため、貴重な経験も積めるのだ。現在IT職の上詰まりが発生していて、中々昇進することができない場合、少し待ってみるのも1つの選択肢である。
その理由として現在役職として仕事をしているIT職の人が退職もしくは転職する可能性があるからである。
もしも退職や転職をした時は、1つの役職が空くことになる。その時に一生懸命アピールしておけば、自分がその役職に就くことができ、貴重な人材として仕事を行えるチャンスが出てくるのだ。
退職理由の1つとして、役職の上詰まりが原因で辞めてしまうIT職はたくさんいる。新しいIT企業に携われば、昇進できるかもしれないが状況によっては、そのまま会社に在籍することでチャンスが訪れるケースも存在している。